銀行カードローンの金利は融資限度額に応じる

消費者金融は利息制限法に基づいて各社が金利を定めています。
その金利は利息制限法ギリギリということが多くなっていますが、銀行キャッシングは違います。
銀行キャッシングの金利はそれぞれの銀行によって大きな開きがありますが融資限度額に応じて決まることが多くなっています。
一部地方銀行では固定金利が採用されていますが、ほとんどの銀行キャッシングが融資限度額に応じています。
融資限度額に応じているため非常にわかりやすいというのは銀行キャッシング金利の特徴になっていますがそればかりではありません。
消費者金融と比べて金利が低く設定されています。
消費者金融は初めての利用の際に上限金利が適用される傾向がありますが銀行キャッシングならその上限金利も消費者金融よりも低く設定されています。
消費者金融のキャッシング上限金利は18.0%、銀行キャッシングの上限金利は14.5%前後です。
スタートラインから違いがあることがわかります。
少額の借り入れで短期間に返済ができるときにはこの大きな違いも利息に置き換えると小さなものです。
返済が長くなればなるほどにその金利の違いが大きく利息に影響をしてきます。
ただし銀行キャッシングの金利も全てが14.5%になっているわけではありません。
この金利は銀行キャッシングの標準的な上限金利なのだと覚えておきましょう。
また初回融資限度額はこの上限金利が適用される範囲で決められることが多くなっています。
「メリットがほかにあり上限金利が高い銀行キャッシング」
通常上限金利が18.0%と高いものの、ほかに何かしらメリットがあるという銀行キャッシングもあります。
新生銀行キャッシングレイクとジャパンネット銀行ネットキャッシングは通常上限金利が18.0%と消費者金融と並びます。
しかし初めての利用の際には無利息期間があり、短期間に返済ができるのであれば金利の心配はありません。
オリックス銀行キャッシングも上限金利が18.0%と高く設定されているものの融資限度額が300万円を超したあたりから他行と比べても金利が低くなり少額融資には向いていないながら大口融資に向いている銀行キャッシングです。
「一般的な金利の銀行キャッシング」
標準上限金利は14.5%前後です。
メガバンクの三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行で用意されているキャッシングも標準的な金利となっています。
地方銀行も多くは14.5%前後となっており、銀行キャッシング金利を比較して高いのか低いのかを知る目安になるでしょう。
「条件次第で低金利になる銀行キャッシング」
銀行によっては特別な条件をクリアできれば10.0%以下の金利で利用できるキャッシングもあります。
収入による場合と、銀行の他のサービスを利用している場合の二つに分かれます。
年収が一定額以上であれば低金利になるキャッシングと、その銀行の住宅ローンや給与振り込みの指定口座、公共料金の引き落としなどを利用しているときに金利が引き下げになるキャッシングです。
これは地方銀行で用意していることが多く、メガバンクやインターネット専業銀行など全国展開している銀行キャッシングにばかり注目が集まりがちですが地方銀行こそ大きな魅力を持っていることは少なくありません。
地方銀行、その銀行の営業区域内に住まいか勤務先があることが条件となっている場合が大半です。
つまり、お近くにある地方銀行を利用できるのはあなただけということです。

消費者金融の返済期間は最長10年、でも・・・

消費者金融は何十年返済を続けてもよいというものではありません。
基本的には最後の取引から10年と決められていることが多くなっています。
しかし10年という長い期間、消費者金融へ返済をしなければならないほどの金額はどうでしょうか。
ここで利息の計算方法を確認しておきましょう。
「借入残高×金利÷年間日数×利用日数」
これで利息を計算しています。
ご覧になってもわかるようにまずは一日分の利息を計算しています。
それに対して利用日数分の利息を支払うということです。
利用期間が長くなればその分利息の支払いは多くなります。
単純に考えると1日分の利息が100円だとすればそれを30日間支払うのと365日支払うのとでは大きな違いがあります。